draft paper

趣味や日々の暮らしで思った事をそのまま書いています。

note.22 W3 (ワンダースリー)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会場:DDD青山クロスシアター(JR:渋谷)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

恥ずかしい話、手塚治虫作品で最初から最後まで読みきったものがない。ブラックジャックリボンの騎士アドルフに告ぐジャングル大帝...あげればきりがないのに。というわけでW3は手塚作品ですと言われても「はぁ」だったので、まっさらで見てきました。

 
多分なかなかない21:30開演の試み。都民なら帰れる人も多い!ので、どんな感じか味わうためにあえて選んでみる。なのにギリギリ到着。
 
セリフなしの舞台のため、劇場入口から原作漫画のパネルが展示され、舞台の導入。水爆実験、終わらない戦争。地球は滅ぼすべきなのか?銀河連盟から調査員の3人が派遣される。彼らが出会ったのは、新進気鋭の漫画家・星真一。
 
三人の調査員は視覚化するため動物に姿を変え、同タイミングで事件に巻き込まれた真一と一緒に犯人を追う。
メインはもちろん舞台上の人間だが、パペットたち、壁に映し出されたシルエットたち。それぞれの姿で話は進んでいく。
 
無事事件は解決したが、銀河連盟の再投票の結果は地球の破壊。しかし、破壊せずに戻ってきた三人は追放令を受けることになる。あえて三人が選んだ土地は...
 
緞帳が下りた状態をスクリーンにして漫画の映像を使うところも多く、後ろの座席の方が全体を見渡せるかもしれない。また、客上げ(5分以上してた)あったり、釣りのマイムでは「ちゃんと釣られてよ!」って顔してたり、作品に入ったもの勝ちだ。
 
「ちゃんとダンスをしている人」の身体表現は、多くのセリフより物語を紡ぐ。コンテンポラリーやマイムほど、基礎ができていないと"なんちゃって感"が出て台無しになる。そういう意味で75分5名での濃密で素晴らしいパフォーマンスアートだった。
そして果物が惑星になり、靴底が魚になり、本が鳥になり、お皿がハンドルになる。それは、私達が幼い頃にしていたごっこ遊びの延長でもあり立派な具現化。わかりやすいストーリーだから子供向けにもなると思うが、私は大人が見て色々気付くのが大切な作品だと思った。
 
余談だが、同じ回を植木豪さんが観ていた。ノンバーバルの映像を駆使したダンス公演、という括りでは全く同じ箱に入る「WASABEATS」の生みの親だ。二つの作品の違いは、ダンスというテクニックを表に出すか見えない根っこにするかというところだが、ここはジャンルの違いが大きいので両者とも自然の選択。
西島先生と豪さん、ジャンルは違えど「ダンス公演をどう伝えていくか」を追求している2人。これからも切磋琢磨して欲しいと星に願う七夕でした。

note16. Color of Life

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会場:銀座博品館劇場(JR:新橋)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

舞台を見ている人なら、あると思うんですけど。「突然見たくなる病」。だって、舞台ってしっかり見る人であれば見る人であるこそ先行でチケットを取って。チケット取ってない日でも舞台期間はきちっとおさえてあって年間のスケジュールががしっと決まってたりするじゃないですか。
なんかその枠から外れて、ふらっと見たくなるやつ。そういう衝動で博品館劇場に行ってきました。

再演ですが前回は見てないです。前回もタイミングが合わなかったんだよな。2人だけミュージカルで初演2ペアのうちの片方だけが残って再演。スリル・ミーを思い出したのはきっと私だけ。


舞台は2011年の日本から始まる。N.Y.行の飛行機で乗り合わせた二人。画家の和也と女優で米日ハーフのレイチェル。意気投合した二人は、一か月後、レイチェルの家があるN.Y.のチェルシーで同棲生活を始める。タイムリミットは、観光ビザの期限・90日...


背景に字幕で状況説明が入るので、分かりにくいところはないんだけれど、後からそれなくてもわかるよー?ってなる部分もあって。でも、全体を通して、無駄な状況説明や、余計なBGMを入れたくないんだなってわかった。伝えたいのはこの音楽と、歌にした歌詞、二人の話。

二人にそれぞれ「そうだよな」って思うところがあって、バランスよく観ることが出来ました。これってどっちかに偏るとつらいじゃない?3.11で絵が描けなくなった和也の痛い気持ちは今思い出しても私もつらいし。空っぽの額は空っぽの心。背景も同じ額のようで、私にはWTCの燃え残った鉄骨を思い出させられた。レイチェルの明るさの裏の影は、自分から影を教えなければ癒すこともできないつらさを抱えているのも。

最初の夜とか、アメリカだったらあんなふうにコミカルに表現されたら笑ってたりするのかなぁとか思ったけどやっぱりここは日本だった。日本人は基本的にシリアスすぎると思う。私はレイチェルが日本人はこれだからって母親に呆れるけれど、でもそういうところが好きだって言ってくれるところが好きだ。手放しに好き!じゃなくて、分かってくれてる好き。それはきっとレイチェルも自分に対してそう思ってくれる人が欲しいって思ってる裏返しでもあると思ってる。
だから、最後の最後で自分がlesbianであることをOutしている(んだろうけど、雑踏の音でかき消されてちゃんとは聞こえないんだよね)のに対して、プロポーズを考えていた和也が止めてしまう、彼女を抱きしめるけど7枚(Rainbow)の絵をぱたぱたと裏返してしまうのは拒否、だよね。最終的には受け入れるのに1年かかる。でもそれが多分自然なことなんだと思う。

Color of Life いのちの色。真っ白な服の二人。その人の色なんて、ベタ塗の一色なんかじゃないんだ。明かりがつき、消え、イーゼルに描かれた絵が増え、横切る。移り変わる色たちをあえて表すなら歌詞通り「すべての色は白に繋がっている」から白なんだろう。舞台上のななめの不自然な形から床に続くセットが、枠に嵌められる前のキャンバスの布であることに気付くと二人はこれからも、鮮やかな色でいられるだろうなと感じずにはいられない。

不思議なリズムで紡がれる曲「Out Time」で、ああ、9.11も3.11も同じ11日で、12日に和也がN.Y.に旅立った(二人が出会った)のが、「1・2」で、きれいに半年後じゃなくて、一歩踏み出したからじゃないかって。そういうのは偶然じゃなくて必然なのかも。そんな、「出会い」の話でした。


一つ反省したのは、和也がレイチェルに英語で感想を言ってほしいという所。様々な形容詞で褒めていくレイチェル。ああ、なんか日本語に甘えて感想が単調になっている自分に反省。もっと豊かに言葉を使っていけるようになりたいね。

note14.ALTAR BOYZ 2017 ‐TEAM GOLD‐

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会場:新宿FACE(JR:新宿)
公式HP:

www.altarboyz.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

レガシー観たんだからゴールドも観なくちゃってなるのが古参スピリッツ。
正直古参もうALTAR GIRLZじゃないじゃないですか。なのにグッズにほぼGIRLZって入ってて心がキリキリしますよ(笑)ふざけてAGZ=ALTAR GRANDMOTHERZとか言ってた(笑)

はい、道がそれたのでちゃんとGOLDの話。経験者と挑戦者の入り混じったチームなので、やっぱり挑戦者のようなチームだ。ALTARは5人でやりきらなくちゃいけない分、キャストが変わると経験者がいてもスタートラインに戻る感じがある。そしてタイミングの悪いことにちょうど始まって1週間になるくらいのタイミングで来てしまった。最初の体力の山。

大山マシュー。初めてピザ大好き!って感じのアメリカ人みたいなマシューだった(褒めてません)。歌が安定しているので気にはならないんだけど、リーダーしなくちゃなぁっていう気を張ってる感じがした。それが役なのか本人なのか分かりづらくて気になって。法月マークは彼の中の確固たるマーク像の具現化に徹してる、職人の様な筋があった。これは、一番の相手役のマシューとのコンビが変わらなかったのが大きかったんだと思う。松浦フアンははまり役。客席とのコミュニケーションの取り方もうまいので人気が出るのもうなづける。ヘッドスピン、もっと長く見たかった!石川ルークは本人もこっちもびっくりする配役だったけどとてもよかった。というか、初演から見ている古参仲間でもあり(笑)初参加のくせに5人の中で一番役の深みやタイミング取りが良かった。常川アブは正統派。癖もなく、ラストに向かってキーになるアブというキャラクターを平穏に表現していた。私はアブラハムは落ち着いている方が好きだ。

そしてGOLDと言えばダンスが違うというのでそこに視点がいくわけなのですが、M1の「We Are The~」で早くも息切れ?みたいに歌がスタッカートみたいになってたのは振りのせいなのか本人たちの問題なのか...メドレーの時には気にならなかったんだけどなぁ。新吾さんの振り付けはステップが細かいのでこなすまでが大変そうだよね。でも、M2「Rhythm In Me」でMJのSmooth Criminalっぽい動きいれたり遊びの部分もあって楽しかった。

全体を通して見ると、このチームは凄く「個」の状態で、それ故ストーリーの流れと相まってる。「I Believe」は彼らにとって懺悔であり讃美歌でもあるようなラストに感じた。一方で、まだまだ“家族”には遠い。その答えをこのチームは終わった後の余韻で感じるしかできない気がした。そこが、LEGACYとの一番の違いだと思う。
Twitterでも書いたのだが、初心者にはこっちがいいというのはない。何を血迷ったことを言っちゃってるのだろうか。そもそもの経験値とアプローチが違うのだから、最後に与えられるものが違う。同じスタート地点から走りたいならGOLDだし、作品の一番強いメッセージを感じたいならLEGACYだと思う。

勿論、両方見て自分の答えを出すことがBestであるには違いないのだけれどね。

note13.ALTAR BOYZ 2017 ‐TEAM LEGACY‐(初日)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会場:新宿FACE(JR:新宿)
公式HP:

www.altarboyz.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おかえりなさい、という機会。
作品について書き始めると長くなってしまうので控えるとして、そんな私の中でガラスのミラーボールみたいな作品がこのALTAR BOYZだ。とても眩しくて、その中に少し危うさを感じる、常に自分の上にあって手の届かない存在。太陽ではないけれど、その人工的な作られた眩しさが好きでずっと追いかけてきた。

このメンバーは基本的に初日に観ることにしている。日に日に崩れていく人たちがいるので、ベストなのが初日、というのはとても変な話なのだけれど。多くのファンもそこを指摘していることもあるので少しは改善されるとイイネ。

東山マシューはいい意味で変わらず。実は一番好きなのはマークの告解のシーンで「ねぇ、マシュー」って振られるところなのだが今日は前の人の頭で一ミリも見えなかった。新宿FACEは埋もれたら終わり。中河内マークは本人も答えているように毎回マークという役のアプローチが変わる。私の中では2014年版はBestだったのに、2009年と2014年が混ざったような印象のある2017年版もなかなか良い。自分の負を「個性」として押し付けたりしない、とてもやさしい子だ。森ルークは、ある意味周りがマイルドになってしまった(笑)せいで一番起伏をつけようと奮闘しているところを感じた。でも、今回の脚本の変更点を一手に引き受けてコントロールしている感じもあるので、凄く大変だと思う。ちょっとだけナチュラルになれば、もっとルークの良さが伝わりそうな気がするの。植木フアンはまた若くなったなぁと。創世記の呼称の変更とか芝居部分で細かい変化もあるけど、一番パーソナルに近い歌や踊りで出してくる力はチーム随一だと思う。ソロパートが盛り上がると、他の4人もつられる感じ。良知アブラハム、魅せます。元々「良知ラート」の持ち主だから歌は抜群なんだけど、それまでの公演の間に出演している作品でどんどん芝居に磨きがかかってる。今回は今までが感動の押し付けだったのではないか?と思う位一歩引いたように、静かにさし出す様に感情を見せた。角度の違う繊細さだった。

ビジュアルもよかったですよ。一番好きなのは衣装の背中部分。アブ以外は全員十字架・アブは六芒星が描かれていて、もうスタートの時点で彼らは“十字架を背負った存在”だというネタバラシな感じ。ルークの十字架が上着のスリット(これも遠目に見ると十字架に見える)から覗く感じもいいし、「I Believe」のシーンで客席に背を向けると奥の照明の十字架と六芒星が並ぶ絵もさらに印象的になった。

先にも書いたけど、私は初日に観る。本当の一番の理由は、初日に、メンバー達と一緒に初演に戻る。リスタートでリフレッシュのための日だ。
今回もALTAR BOYZをありがとう。

note.11 DIAMOND☆DOGS Happy New Year Live 2017

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
会場:新宿Reny(JR:新宿)
公式HP:なし
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

つい2か月前にLiveがあったので不思議な感じもあるが、ここ最近このタイミングが恒例になりつつあるので...
個人的には年二回なら綺麗に半年みたいになるといいなーとか思ってしまうのだけれど。わがままですね!

新宿Renyは劇場型ライブハウスといったところ。
雰囲気がありなんとなくジャスライブとかと円卓を置いて聞けたらおしゃれだなぁと思うのだけれど、そうじゃないと端は観きれが多いので少しストレスがたまりそう。
実際私も端の席だったけれど、バンドメンバーが見切れて見れない感じでした。(バンドメンバーならいいじゃんって声もありそうだけどヤダヨ)

選曲は全体的に盛り上げていけるナンバーであると同時に、割と新しい曲、または最近の公演で披露している曲でまとめてきたという印象。勿論バランスよくまとめて欲しいと思うところもあるけれど、コンパクトなこの会場では、ファンになって間もない人も一緒に盛り上がれる方が全体の雰囲気がいいのかもしれない。

ダンスバトルは過去2年とは組み合わせを変えて新たな挑戦。からの各ユニットでの時間。最終日のMDRはオリジナルを出しつつも、昔からやってきた曲・通常公演でも披露している曲を選択してきた。基本各ユニット去年の公演を元に、観ていない人でも楽しめるように考えているだろうが上手い選択だなと思った。各ユニットは常に観ていない人も多いため、かなり難しい。初日のVCNが若干盛り上がりに欠ける(ミスも多発していたのも起因しているだろうが)のと対照的だった。なにより、通常ライブハウスで観ている二人がちょっと広いこの劇場風な場所でちゃんと盛り上げているというのは絵的にもよかった。

少し前なら2人が歌って踊る、ボーカルのみ、ダンスシーンの3つの選択肢しかなかった状況から、全員で歌う、に加えボーカルとダンサーでペアを組んで歌う、ダンサーのみで歌うなど、いろいろなヴァリエーションを増やしてきて今のLiveスタイルまで成長させてきたのかなぁと感じる2日間だった。
最後のあいさつで「7人での活動は7月までいったんお休み」と、若干活動休止レベルに聞こえる内容だったが、個々の活動は決まっているようなので安心。できることならば、グループ内ユニットや、慣れ親しんだカンパニー以外で力を試し、帰ってきてほしいなと願うばかりです。

<Set List>
Super Lover
噂の男たち~D☆D~

O2
ESTROUS
Make Your Dance Floor(小寺・咲山)
Risky(東山・森)
モノクロセカイ
カルナバル~禁じられた愛~

Dance Battle
(一日目:中塚・和田 二日目昼:森・咲山 夜:東山・小寺・TAKA)

Unit Time
(一日目:VCN 二日目昼:BC 夜:MDR)

My Place
Sound of Bounce(中塚・和田・TAKA)
Rhapsody Be ONE
RUMBLE BEAT(咲山・TAKA)
Burming Around
Stay Gold
G:ex

-Encore-
SEVEN STARS

monologue.1 あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
訂正、あけましてからだいぶ経ちましたがおめでとうございます。
今年も1年、よろしくお願いいたします。

なんとかTwitter連携も分かってきたので今年度分は都度更新→連携していこうと思っていますが。まだ去年の書ききれてない部分ありますね。はらはらはら。今年は予定にもあるように私自身も超スローペースなのでせめて3月までには挽回したいところです。

それでは、みなさん1年舞台とかそれぞれお好きなもの、楽しみましょー!

archive.2017 観劇記録

17/01/13 DIAMOND☆DOGS「Happy New Year Live 2017」@新宿Reny
17/01/14 DIAMOND☆DOGS「Happy New Year Live 2017」@新宿Reny

17/02/06 ALTAR BOYZ 2017 ‐TEAM LEGACY‐@新宿FACE(初日)
17/02/07 ALTAR BOYZ 2017 ‐TEAM GOLD‐@新宿FACE

17/03/05(確) アルジャーノンに花束を天王洲銀河劇場

17/04/12(確) Bugs Under Groove 15th anniversary show 「男祭り!!」 @博品館劇場(初日)
17/04/13(確) Bugs Under Groove 15th anniversary show 「男祭り!!」 @博品館劇場
17/04/14(確) Bugs Under Groove 15th anniversary show 「男祭り!!」 @博品館劇場
17/04/16(確) Bugs Under Groove 15th anniversary show 「男祭り!!」 @博品館劇場(千秋楽)

 

17/07/20(確) ビリー・エリオットリトルダンサー〜@